新生銀行

よくあるご質問

内容詳細

投資信託の特定口座と一般口座の違いは何ですか?

●特定口座(源泉徴収あり):年間の譲渡損益等を当行がお客さまの代わりに計算し、納税も行います。「特定口座年間取引報告書」を発行いたします。確定申告不要です。
※一般口座や、他社の特定口座の譲渡損益・配当所得と損益通算する場合や、損失の繰越控除をする場合には「特定口座年間取引報告書」にて確定申告をすることも可能です。
●特定口座(源泉徴収なし):年間の譲渡損益等を当行がお客さまの代わりに計算しますが、原則納税は行いません。「特定口座年間取引報告書」を発行いたします。お客さまご自身で確定申告してください。
●一般口座:年間の譲渡損益等をお客さまご自身にて計算してください。また確定申告、納税もお客さまご自身にて行ってください。

特定口座及び一般口座について詳しくはこちら

問題は解決しましたか?

ページトップへ戻る
閉じる