新生銀行

よくあるご質問

内容詳細

【財形】海外勤務から帰国した際に必要な手続きを教えてください。

「1.積立が可能な財形」と「2.積立が不可能な財形」で異なります。

1.の場合:「財産形成貯蓄(財産形成非課税住宅・年金貯蓄)変更届」を速やかにご提出ください。
2.の場合:「海外転出者の財産形成非課税住宅・年金貯蓄継続適用申告書」を国内勤務発令日から2ヵ月以内にご提出ください。
また、積立額の再開をされる場合には、「財産形成貯蓄(財産形成非課税住宅・年金貯蓄)変更届」にて積立額の再開を行ってください。

積立が可能な財形、不可能な財形については、【財形】当社社員が海外転勤することになりました。財形は積み立てられないのか教えてください。をご参照ください。

FAQアンケート貴重なご意見をお聞かせください。

問題は解決しましたか?該当するものを以下の中から選択して送信ボタンを押してください。

もしよろしければ、こちらに選択した理由もご入力うえ送信ボタンを押してください。

ご注意

アンケートにご質問を入力いただいても回答できません。

お名前や連絡先など個人情報は入力されないようにお願いいたします。

ページトップへ戻る
閉じる