新生銀行

よくあるご質問

内容詳細

海外から送金を受け取る場合に送金依頼人に伝える情報を教えてください。

一般に海外金融機関から、新生銀行宛に外貨送金をする場合は次の情報が必要です。

  • ・銀行名・支店名(Beneficiary Bank/Branch Name): SHINSEI BANK, LTD., ○○Branch

    ※本店の場合は「Head Office」

支店名・支店住所の英語表記は店番号と受取支店名および受取り支店住所一覧でご確認ください

  • ・銀行の支店住所(Beneficiary Bank's Branch Address):お客さまのお取引店舗住所
    ※本店の場合は「2-4-3 Nihonbashi-Muromachi, Chuo-ku, Tokyo」
  • ・受取口座番号(Beneficiary Account Number):お客さまの店番号と口座番号
  • ・受取人名(Beneficiary Name):お客さまの口座名義
  • (キャッシュカード記載のアルファベット)
  • ・受取住所(Beneficiary Address):お客さまの届け出住所(郵便番号を含む)
  • ・新生銀行認識符号 SWIFTコード:LTCBJPJT

※新生銀行は"IBAN""ABA NO/Routing No"を保有しておりません。通常はSWIFTコード[LTCBJPJT]で送金が可能です。


なお、外貨のまま受取希望の場合は送金元銀行へ「外貨のまま送金するように」ご指示ください。
具体的には送金依頼書の備考欄などに「DO NOT CONVERT」と記載してください。
(外貨のまま送金するように指示がない場合、中系銀行が円に交換して送金する可能性があります。)

<お知らせ>外国送金・外貨送金を受け取るお客さまへ
2019年12月16日(月)より、「海外からの送金(日本円含む)」、「国内からの外貨建て送金」を受け取る場合、送金通貨に応じた「送金事務手数料」を送金金額から差し引いて入金いたします。
「送金事務手数料」は、「お受け取りする資金」、「お受け取り通貨と同一の普通預金口座」、または「円普通預金口座」のいずれかよりお引き落としいたします。
※お客さまが手数料の引き落し方法を指定することはできません。
なお、「お受け取りする資金」や「資金をお受け取りする前の口座残高」いずれも「送金事務手数料」に満たない場合は、送金依頼人さまにご返金させていただきます。

被仕向送金について詳しくは他の銀行等から外貨を「受け取る」(被仕向送金)をご覧ください。

なお、口座への入金前にお取引の背景や詳細等をお伺いしたり、送金に関する資料を確認させていただくことがありますので、あらかじめご了承ください。
入金前のお伺いはEメール・電話・郵送でのご連絡となるため、必ずご登録済のEメールアドレス・電話番号・現在お住まいの住所が正しいことをご確認ください。

★「新生プラチナ」「新生ゴールド」のお客さまへ★
「新生プラチナ」「新生ゴールド」のお客さまが外国送金のお受け取りの際、当行にて送金事務手数料(受取手数料)をお支払いした場合、お受け取り1件につき2,000円を後日キャッシュバックいたします。詳しくはこちらをご確認ください。

FAQアンケート貴重なご意見をお聞かせください。

問題は解決しましたか?該当するものを以下の中から選択して送信ボタンを押してください。

もしよろしければ、こちらに選択した理由もご入力うえ送信ボタンを押してください。

ご注意

アンケートにご質問を入力いただいても回答できません。

お名前や連絡先など個人情報は入力されないようにお願いいたします。

ページトップへ戻る
閉じる